関係機関からのお知らせ

NEWS

過去の事例に学ぶ『事業継続力強化計画』のあらまし

近年、東日本大震災や熊本地震、平成30年7月豪雨(西日本豪雨)や北海道胆振東部地震、そして令和元年台風第19号など未曽有の巨大災害が続発しています。そのような災害では数多くの中小企業が被災し、営業休止や生産ラインの停止等、事業活動に非常に大きなダメージを受け、最悪の場合、事業縮小や廃業などの選択肢を取らざるを得ないケースも多々発生しています。今や「企業が生き抜くための備え」として災害対応力向上取組は「重要」かつ「喫緊」の課題です。
このような背景を踏まえ、令和元年7月16日、中小企業の災害対応力向上を目的とした「中小企業強靱化法」が施行され、行政も具体的に中小企業の災害対応力強化の後押しを行う事となりました。
本セミナーでは、自然災害(地震、水災、土砂災害等)の具体的被害や企業の対応事例等などを改めて認識し、そこから得られた教訓なども踏まえて、中小企業の災害対応力強化へ向けての気付きや「事業継続力強化計画」の認定制度の内容について解説致します。

【日時】令和5年1月27日(金)14:00~15:30
【受講方法】Webex Eventによるオンライン配信セミナー
【参加】無料
【対象者】経営者の皆さま
【主催】あいおいニッセイ同和損害保険㈱
【後援】滋賀県、滋賀県商工会議所連合会

詳しくは、下記チラシをご覧ください。

オンライン配信セミナー