大津企業景況調査
 
● (設備投資について)

 平成16年10〜12月期、設備投資の計画があると回答した企業は96社の内19社で、前回の調査より4社減少した。その計画の実行について、計画通りに行うとしたのは9社、景気の動向によって見直すとしたのは6社、不明が4社であった。また、計画の内容については、合理化省力化が6社、設備更新が9社、生産力増加が2社、その他が2社である。


●(今の経済情勢に対する意見)

 今の経済情勢に対する意見を寄せた企業は4社であった。
 二極化の動向あり。
 オリンピック効果がもっと出てくるかと思っていたが、予定より悪かった。(テレビ・DVD)など。

 当分低迷が続く
 前向きにチャレンジ!
 企業、業種として中途半端で最も悪い状況だと思っている。行政として県、市町村が県内・地元企業の育成に特段の配慮をして支援して欲しい。金融行政についても、中小零細企業ほど配慮してもらえるようなことはできないだろうか?
▲TOPへ戻る▲

もくじへ戻る