大津商工会議所

融資・共済・労働保険・IT支援・まちづくり活動など中小企業の支援と地域の活性化

文字サイズの変更

サイト内検索

総合新着情報

災害時における生活物資の調達等に関する協定を締結
2012年1月18日

1月13日(金)本所、大津北商工会、瀬田商工会の市内経済三団体と大津市は、標記協定を締結しました。
 
内容は、地震や風水害、大火災等の発生により、一時的に生活物資の流通に支障が生じた場合に、大津市内で必要とされる生活物資を、それぞれ会員事業所から円滑に調達し、市民生活の安定を図るというものです。
 会員の皆様方におかれましては、無理のない範囲でご協力をお願いたします。

 

<協定の主な内容>

(1)対象となる災害発生場所は、大津市内全域がその対象であり、南北に細長い市の地理的条件を活かして地域間の相互支援が可能となります。 

(2)支援の対象となる物資は、従来からの生活物資に加え、先の東日本大震災の経験から本当に市民が必要とする物資を加え、その充実が図られています。 

(3)物資の運搬に関しては、市の指定する「搬入場所(集積所)まで搬入していただくとともに、引き渡し後も市の協力要請に応じて各避難所等へ物資搬送していただくことが可能となります。 

(4)商工会議所や各商工会が持つ全国的なネットワークを活用して、県内外の広域的な支援体制の整備が可能となります。 

(5)市と商工会議所及び各商工会は、協力して情報の共有化や市民向けの情報提供にも努めます。

①市民向け情報伝達

・生活物資の配布場所や配布品目等の支援情報の伝達

・物価高騰等の防止を目的とした生活情報の伝達

②相互の情報共有

・被災地、被災者情報(個人情報は除く)や生活物資の価格、供給状況に関する情報の共有

・平常時からの災害時の生活物資等に係る調査研究と情報の共有

 

★協定の内容や支援の対象となる物資のリストは、 こちらから

P1060584 .JPG