大津商工会議所

融資・共済・労働保険・IT支援・まちづくり活動など中小企業の支援と地域の活性化

文字サイズの変更

サイト内検索

大津エコツーリズム

湖都・大津発着 大津エコツーリズム調査研究事業(平成21年度地域資源∞全国展開プロジェクト)

大津市は、琵琶湖クルーズ観光の玄関口である大津港を擁し、今日まで多くの観光客が訪れてきました。また、大津市には、比叡山延暦寺・三井寺・石山寺などといった全国屈指の名所旧跡が数多く点在し、賑わいを見せています。しかしながら、今後の観光動向は、これまでの物見遊山的なニーズから、体験や学習などを通じて、旅行者自身が何かを感じ取れる趣向へと変化しつつあります。こうしたニーズに対応するため、テーマやストーリーのある新たな角度からの観光ルートの創造が求められています。当所では、観光・運輸部会が中心となって、「湖都・大津発着エコツーリズム調査研究事業」を中小企業庁・平成21年度地域資源∞全国展開プロジェクトへ応募したところ採択されることになりました。この事業では、日本最大の湖・琵琶湖の環境保全と近年世界的に注目されている環境問題を組合わせて、大津オリジナルのエコツーリズム事業を、地域の観光事業者が智恵を出し合いながら作り上げていきます。

※エコツーリズムとは
「環境保全」・「観光振興」・「地域振興」をテーマにした新しい観光の考え方をいいます。
日本エコツーリズム協会によると次の3つが定義されています。
1.自然・歴史・文化など地域固有の資源を活かした観光を成立させること
2.観光によってそれらの資源が損なわれることがないよう、適切な管理に基づく保護・保全を図ること
3.地域資源の健全な存続による地域経済への波及効果が実現すること

◇平成20年度事業からの流れ

『紫の道がつなぐ未来への宣言~千年後に遺そう 紫のメッセージとなぎさの賑わい~』と題して、平成20年度地域資源∞全国展開プロジェクトに取り組みました。この事業では、世界に誇る長編傑作「源氏物語千年紀」に着目して、文化的魅力、観光的魅力をアピールし、大津市内及び琵琶湖周辺に点在する「源氏物語や紫式部ゆかりの地」を、他地域との差別化が図れる有効な地域資源と捉えました。さらに、当地域の競争優位の源泉であり、かつ環境面での先進的なシンボル「琵琶湖」を介してそれらを結びつけるユニークな観光ルート"紫の道"を設定しました。

平成20年度事業の詳細
紫の道パンフレット
紫の道ホームページ
紫の道湖上シンポジウム「-いのち- 紫式部からのメッセージ」
紫の道壱の道「奥琵琶湖船上遊覧と紫式部が辿った道 -深坂古道- を歩く」
紫の道弐の道「琵琶湖クルーズ -環境・観光はっけん船-」
紫の道参の道「なぎさウォーク -紫式部と源氏物語の道をたどる-」

そして、源氏物語千年紀を一過性のイベントとして捉えるのではなく、大津の新たな観光資源として定着させることを目指して、平成20年度の事業展開の中から「自然の中に生きる」というキーワードを導き出し、次年度以降の事業理念へ結び付けることとなりました。

◇事業の目的と目標

前年度事業で導き出された「自然の中に生きる」というキーワードを事業理念として,「湖都・大津を中心としたエコツアーの事業化・商品化」を目指します。この事業は,単なるイベントではなく,採算性や継続性を持った息の長いビジネスモデルの創造を目標にしています。まず今年度は,調査研究事業を行って,参画事業者から商品になりうる地域資源を洗い出していただきます。次年度は,これをもとにモニターツアーを実施し,商品化へ向けた実証を行なう予定です。

◇大津としてのエコツーリズムとは

びわ湖と共生してきた大津の人々の暮らし・環境を、多くの方に知ってもらいたいという意義で、初めて来られた方でも大津の暮らし・環境を体感できる、テーマ性・ストーリー性のある新しい旅のかたちを『大津エコツーリズム』と定義づけ事業を進めてまいります。

◇事業の進め方

運営の中心は,「地域の事業者」かつ「やる気のある事業者」かつ「日々第一線で顧客と接する人」です。このような方々に大津の地域資源を拾い上げていただき,ニーズにあった商品へと仕上げていきます。組織は,委員会と特別委員会の2つで構成され,委員会は予算・決算や事業モニタリングなどを行ないます。特別委員会は,実動を主として事業を主導します。

大津エコツーリズム調査研究委員会委員
大津エコツーリズム調査研究特別委員会委員

事業ステップは,「何を」「誰に」「いくらで」「どうやって」売るのか?を常に頭に置きながら,観光市場の動向や,環境意識,トレンドを的確にキャッチした,マーケットインに基づく商品造成を考えていきます。具体的なステップは次のとおりです。
STEP1 地域資源を探る (今まで埋もれていたものを発掘する)
STEP2 地域資源を磨く (資源を商品として価値あるものへと変えていく)
STEP3 地域資源をつなぐ (ツアープログラム化と反応調査)

事業フロー

◇委員会・特別委員会開催実績

・第1回特別委員会   平成21年 6月 4日(木)13:30~(大津商工会議所)     協議の概要
・第2回特別委員会   平成21年 7月 8日(水)15:30~(オーパルオプテックス)  協議の概要
・第3回特別委員会   平成21年 8月25日(火)15:00~(琵琶湖汽船)       協議の概要
・第4回特別委員会   平成21年 9月29日(火)15:00~(大津商工会議所)    協議の概要
・第5回特別委員会   平成21年12月10日(木)15:00~(コラボしが21)     協議の概要 
・委員会・特別委員会   平成21年12月18日(金)11:00~(琵琶湖ホテル)   

 

◇アンケート結果

エコツーリズム商品企画にかかるウェブアンケート調査結果 分析と考察  
                       

 
お問い合わせ先
大津商工会議所 中小企業相談所
TEL 077-511-1501